成年後見


 高齢化が社会問題になって久しい昨今、認知症など判断能力の低下により発生する金銭トラブルが後を絶ちません。


 認知症と診断される前に「成年後見」制度を利用することでこのようなトラブルを防ぐことができます。


 

 「成年後見」制度とは、判断能力の不十分な方々の日常生活を尊重しつつ、これらの方々が契約等で不利にならないように守るための制度です。

 「成年後見」制度には「法定後見」「任意後見」があります。どちらも法的な手続きが必要となりますので、当社では専門家である行政書士がご対応させていただきます。

 「法定後見」と「任意後見」の違いや手続きの方法など、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。



 

TOP
       


     



初回無料相談実施中!
無料相談会開催中!

お知らせ

1031相談会

アクセス
料金表
個人情報保護方針
お問い合わせ
スタッフブログ
Facebook
     

●おもてなし認証規格

おもてなし認証規格

         

★ KEALOHAは、『オフィス オハナ グループ』です ★

office ohana